厚田港の釣り。クロガシラカレイ接岸の兆候あり!

この記事は約2分51秒で読めます。
スポンサーリンク

厚田港に投げ釣りに行ってきました。釣具屋やつりしん北海道などによれば、浜益で釣れてるとのこと。ですが、まだカレイには時期が早く投げ釣りには不向き、とも。

浜益まで行って釣れないとダメージがデカイので、近場の厚田にしました。

実績はないですが、そろそろここでもなにか釣れるんじゃないかな、と期待しながら・・・

厚田港とは?


道の駅あいロード厚田が人気の厚田。その中心部にあるのが厚田港です。僕が北海道で最も通い、最も裏切られてきた港・・・。しかし今回は、成果を得て帰ってくることが出来ました!

予想に反して釣り人いっぱい!チカ釣りが人気。

サバ・チカを中心に釣れているようで、チカ釣りの人がたくさんいました。

堤防先端部の灯台基部はなぜか空いていたので、ここに入り、釣り開始。

天気良し。風なし。潮は干潮と満潮のど真ん中。釣れるのか?

正直、フグすら釣れないと思って臨んでいます。水温が下がりきればカレイが接岸すると思うのですが、それには中途半端。それに加えて、夏よりは水温が下がっている。厳しい釣りを予想していましたが・・・。

ショウサイフグに

デカウグイと外道揃い踏み。まだ、海の中は夏のようです。安心、してもいいものなのか?肝心のカレイは?むしろマイナス材料じゃ・・・。

過ぎていく時間。それはまったりと。

すごいいい天気ですよ。

浜には、おそらくサケ釣りの人々。

サーファーも居ます。波は穏やかなので、僕は魚を待ち、サーファーは波を待ちます・・・。

時は訪れた。

このまーったりとした時間に、久々の竿先にアタリ。なんかウグイっぽいアタリだけど・・・

リールを巻くと、なにか浮かんできた。黒い・・・平べったい!

クロガシラいるじゃん!この瞬間、自分の中で今日の夕飯が確定しました。「煮付け食いてえ」。

というわけで煮付けになりました!海に感謝。ちょっと身がパサッとなってしまいましたが、臭みもなく美味しかったです。

クロガシラは肉厚と言われますが、ご多分に漏れずこのクロガシラカレイも身がぶっとく食べごたえがありました。サイズは26cmと持ち帰り基準ギリギリだったのですが、こんな小さくともひとりで飯炊いて食べる分には十分すぎます。

注意。でかい魚は取り込めません。

今回釣れた場所は、下まで6~8mほどある高い堤防なので、ここではでかい魚は取り込めません。

チカ釣りとかする場所は、足元からすぐ海なんですけどね。先端部だけ高くなっているのです。

根掛かりする位置も発見したので、次回からは根の周辺を狙って、またカレイ釣りに繰り出したいです。

これからのカレイ釣り。接岸の兆候がつかめました。

カレイは春先産卵に接岸して、夏は沖合に行ってしまうのですが、秋から冬にかけてはまた接岸するようです。

これからのカレイ釣り。もし気が向いたら、今日(10/13)から2週間後くらいの予定に組み込んでみてはいかがでしょうか。厚田でも濃昼でも浜益でも、あるいはもっと北の雄冬や増毛でも数釣りが楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする