釣り初心者におすすめするのは、好きな魚を釣るということ。

初心者向けの釣り記事を書こうと思って、ネットで「釣り 初心者 おすすめ」で検索すると、そこはもうレッドオーシャン。まあもろに様々な企業の商圏に入っちゃいますしね。

ということでこの記事は、アクセスは稼げない前提で書きます。

ずばり言いたいのは、「初心者は釣り方で選ぶより、好きな魚を釣る方法を調べるほうが楽しめる」ということ。

書きたいこと

  • 受け身な姿勢よりも、能動的な方が釣りではヒットを打ちやすい。
  • ただし釣りやすい魚は存在する。

初心者がつまづきがちな「サビキ釣り」「チョイ投げ」の罠

僕も昔、この罠に引っかかりました。

サビキ釣り・チョイ投げは初心者向けの釣りと言われていますが、意外とそう簡単には釣れません

最初はとにかくマグレでもヒットを打つことが、釣りを楽しむ上で大事なので、簡単でトラブルのない釣りがおすすめされるのは、よくわかります。

でもこの釣り、本当に初心者向けですか?

確かに、どちらもライントラブルは起きづらいです。

ですが、釣果の方もイマイチです。

まずサビキ釣り。カタクチイワシ・ウルメイワシ・サッパなどの回遊魚の群れが釣り場に来ないと、まーったく釣れません。

僕は、魚よりも釣り人(サビキ釣りのファミリー)が多い状況を嫌になるほど見てきました。そんななか、周囲の人達もようやく釣れる時間帯になっても、自分だけ釣れないという状況に遭遇した時は泣きたくなりました。この話はその後救済があるのですが、それはまた別の話。

逆に、発電機と自動しゃくり機で準備万端の地元のオジサンたちの竿先が沈黙する中、コマセ・発電機もないサビキ仕掛けで、暗闇の中僕だけ25cmクラスのニシンをバンバン釣ったこともあります。

要は、皆と同じことをやっていると、運任せになってしまうのが、サビキなのです。

これでは、ヒットを打ち続けることは出来ず打率が下がっていきます。

次にチョイ投げ。これは、根掛かりとの戦いです。逆に根掛かりのない場所には魚は居ません。根がかる=魚の隠れ家があるということです。

そこで、いくらトラブルが少ないとは言え、多少は根掛かりする。その上、サビキほど爆発力がありません。

漁港や砂浜で初心者がチョイ投げをしたところで、釣れるのは数匹のシロギスとクサフグ程度。サビキよりは、自分で釣ってる感がありますが・・・。

実は、サビキも工夫次第では自分で釣った感は出てくると思います。それはサビキの自作。ですが初心者向きではありませんね。

では、初心者はどうすれば継続的にヒットを打てるのか。

まず、受け身ではなく能動的な姿勢をつけましょう。

何か、簡単に釣れるものはないか。ではなく、何が釣りたいのか、そのためには何が一番近道なのか考えましょう。ある意味、ここから釣りは始まっています。

僕の場合、川釣りからはじめたので「魚はどういう場所にいるのか」を必然的に意識させられました。だだっ広い多摩川で、どこに魚が居るのか。そういうことをまず勉強し、流れの変化や隠れ家となる水草などがある場所を探すようになりました。

同じように、アジが釣りたい。というならば、まず船釣りという選択肢。それ以外では、投げサビキが良さそうだ。アジは流れのある場所にいる。となれば、外海に近い堤防で投げサビキをしよう。調べてみると西伊豆がいいみたいだな。よし、次の釣行は沼津の静浦だ。となるわけです。なんか、こういう調べる段階ってワクワクするんですよ

簡単に釣れる魚なんて、ほとんど居ません。残念ながら、初心者向けと言われる魚でも、満足するまで釣るには絶え間ない努力が必要です。

  1. 何を釣りたいのか。
  2. どこにいるのか。砂浜か堤防か。
  3. 釣るにはどんな仕掛けを使えばいいのか。
  4. どこの地区が釣りやすそうか。
  5. 実践。
  6. 失敗or成功。成功したら4、失敗したら3か4に戻る。

こんな感じをイメージしていただければと思います。

釣り業界が潤うためには初心者を取り込むことが重要なのでしょうが、僕個人から言えば釣り人は一定数いればいいというイメージです。人が多いとトラブルやゴミの問題など、個人では解決できないレベルの課題が発生します。最悪堤防が釣り禁止になったりします。

釣り人は、自然の代弁者だと思います。ごみ捨てなど言語道断。といいつつ、根掛かりで仕掛けを海底に放置している僕みたいなのも居ますが・・・。ジレンマですね。釣り場にゴミは絶対に捨てませんが。

だから、釣り初心者以上のレベルの人が、世話を焼くのも理解できますが、初心者には勝手にやらせてみたほうがいいのでは、という話でした。

危険なことをしてたら止めようね、ってレベルでの話ですが。

ただし。誰でも楽しんで釣れる魚は確かにいる。

そうなんですよ。「これ初心者でも楽勝だな」という魚は結構います。1回の釣りで10匹は軽く釣れる、という魚を、釣り方とともに紹介します。

ワカサギ 難易度☆☆☆

釣り方としては、短い竿をレンタルして、氷上やボートでの釣りとなります。エサはサシ(ウジムシ)orアカムシ。エサに触れないと釣りになりません。

ニジマス 難易度☆☆

釣り堀に朝早くに行けば楽勝です。エサも練り餌なので、ムシが苦手でも大丈夫。

マハゼ 難易度☆☆

川の河口で、チョイ投げで釣れます。エサはブラックタイガーのむき身かアオイソメ。ムシがダメならブラックタイガーで代用できます。根掛かりはありますが、仕方がないです。

個人的にはニジマス>マハゼ>ワカサギの順。北海道なら、ニジマスとマハゼの間にチカが入ります。

これらの魚は、何も考えなくても釣れます。ただし100%釣れる魚ではない、という点にも留意して下さい。

まとめ

  • 受け身な姿勢よりも、能動的な方が釣りではヒットを打ちやすい。
  • ただし釣りやすい魚は存在する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク