ブログを人生にどう活かすか、更新を続ける意味。

このブログもついに8ヶ月目に突入しました。7ヶ月目(1月)の振り返り記事は後ほど更新します。

さて、仮にも半年以上更新していると、僕みたいにダラダラやっていても見えてくるものがあります。今回は、そうして見えてきた「ブログを更新する意味」や、このことと同義である「人生へのブログの活かし方」をまとめて書いてみたいと思います。

書きたいこと

  • ブログのメリットは「人生の整理」ができること
  • マネタイズはこの際重要ではない
  • 需要のある記事と書きたい記事を交互に書くことが続ける秘訣

ブログを更新する意味。

自分の人生の反省会ができる。

僕はやはりマイナス思考なので、いつまでも過去のトラブルにとらわれてクヨクヨしがちです。そうしてクヨクヨしていると、そっちに気を取られて肝心要の「問題の根本」を忘れがちです。自戒を込めて書きたいのですが、これからは人生の問題について、ブログで整理を行いたいです。つまりは、問題解決にブログを活用したいと思っています。

どうも最近気づいたのですが、僕は「生き方」そのものを勘違いしているようなのです。試行錯誤して、成長していくのが、人生がうまくいく正しい「生き方」。それに対して、僕が思っていた「生き方」とは、運命によって決められるもので、ようするに自分ではコントロール出来ないものだという思い込みがあったのです。

こうした反省は、生きているうちに知り合いからの指摘で明らかになったものですが、こうした点を忘れずにブログなどに整理することは、意識に問題解決の道筋をはっきり刻むことになると思います。

この大いなる勘違いについては、今後ブログで触れたいと思っています。

このように、ブログは人に見せる日記帳にもなるのです。人に見せるからには、体裁を整えますし、書き殴った文章は自然と書きづらくなるので、より自分の中での整理が進みます。

お金稼ぎは、実は重要ではない。

ブログをお金稼ぎに使うというのはよくある話です。実際、ビジネスを始めようとする人にとっては必須ツールと言えるでしょう。ですが、そこまで本格的にやるつもりはなく、小遣い稼ぎ程度に考えている人にとっては、ブログでのマネタイズ=収益化は非常に難しいものだという実感を持ちました。そして、よっぽど生活に困っていなければ、そこまで重要でもないな、とも思うのです。

ビジネスに活用する人にとってブログとはひとつの手段です。他にも手が沢山ある中のひとつ。それに対して、小遣い稼ぎブロガーにとっては、ネットではそれしか収益の柱がない場合が多く、そしてあまりに稼げない現実に躓きがちだと思います。

そこで、稼げないからやめるとなるのは、非常にもったいないと思うのです。

前述の「人生の整理ができる」というメリットを活かすには、モチベーションを保つ必要があります。そのモチベーションをマネタイズに頼るというのは、実際の所難しいということをこの7ヶ月で感じます。

なんせ、まだギリギリ4桁の収益しか上げられていませんからね・・・。

実のところ、もうマネタイズについては「あとからついてくるから、気にしない」ようにしたいと思っています。それよりも、ブログの人生に与える影響について考えが及ぶようになりました。その理由として、ブログを続けることのメリットの中心である「人生の整理」の存在が大きいです。

人生のブログへの活かし方。

実のところ、ブログでなくても問題ないのかもしれない。僕にとってたまたまブログがそこにあっただけの話。

人生や暮らしを反省して整理することのメリットは、最近とくに感じます。僕達人間は、忘れていく生き物です。それを整理して記憶に強く刻むことは、人間としての成長スピードを早めてくれるものです。ゲームに例えれば、RPGゲームの何度も潜る必要のあるダンジョンの構造を頭で覚えるか、紙などにメモするかの違いです。後者のほうが、迷うことがない分効率よくゲームを進められるはずです。

これはなにも、ブログでなくても良かったのかもしれません。僕の場合、人に見せることがひとつのモチベーションになっているのです。それは、反響がアクセス数という形で目に見えるからです。だからブログに限定しろ、とは言いません。人生の振り返り、反省というのがこの記事のキモですからね。

ただ、ブログはブログなりのやりやすさがある、という話です。

人間は成長すべき生き物。それを手助けしてくれるツールがブログ。

僕は、人生とは運命ではなく自分で決められるものだと気づいてから、人間は成長を続けるべき生き物だと思うようになりました。人生において課題は一生湧いてくるし、それらをひとつひとう噛み締めながら、時には成長を遂げながら進んでいくべきだと。

全てを成長の糧にするのは無理だと思います。ですが、ブログで頭の整理や気づきを得ながら、人生を進んでいくことは非常に有意義だと思います。

このブログで知った、もうひとつの事実。

ここからは蛇足なのですが。このブログのアクセス数の多くは、札幌のオタク街の記事や、アニメの感想記事が稼いでいます。

前者については、「知りたい」と「教えたい」が合致した形ですね。需要に答えれば、ブログのアクセスは必ず上昇すると感じました。

後者は、「共感したい」「知りたい」「もやもやを解消したい」といった需要にこのブログが多少でも応えていることの証だと思います。

ようするに、ブログは需要があるポイントに記事を供給していかないと、読まれないんですね。

読まれないことでモチベーションを落とすなら、積極的に需要を調べるべきです。ですが、それだと「人生の整理」というメリットを失いがちです。需要に振り回されるばかりに、書きたくない記事を書いてしまっては元も子もありません。

ですから、モチベーションを維持しながらブログを続けるために、需要の有りそうな記事と、そうではなさそうな「発信したいこと」を、交互に書いていくことを提唱します。

多少はブログを続けるのにも工夫が必要なのです。

眠れない夜から、この記事は始まりました。

もともと、イライラして眠れなくて、頭を整理したくてブログを書き始めたら、気づいたらブログ論になってしまっていた、というのがこの記事です。なんでもいいから、勇気を持って書き始めれば良いんじゃないかと思うのです。

まとめ

  • ブログのメリットは「人生の整理」ができること
  • マネタイズはこの際重要ではない
  • 需要のある記事と書きたい記事を交互に書くことが続ける秘訣
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク