ブログで儲かったら会社辞める?僕はたぶん、”仕事”は続けます。

仕事とブログの関係について、いつか書いてみたいと思ってました。少しブログを書くことに慣れてきたので、この機会に、決意表明も込めて書いてみたいと思います。

ストレスのない生活は張り合いがない

前提として、ストレスは生活に必須です。過剰なストレスは毒ですが、生活が苦しくなくて精神的にも安定している社会人ブロガーは、ぜひ仕事を続けてください

僕の知る限り、社会人ブロガーが会社を辞めると、たいていブログがマンネリ化します。

個人名は書きたくないのですが、旅行・ガジェットの購入・レビューなど、なぜか記事内容が似たり寄ったりになってしまうのです。

なぜか。そこには”目的”がないから、だと個人的には思います。

考えてみてください。毎日が日曜日な暮らしを。僕だったら、そんな暮らしを地獄に感じます。

変化しない日常が延々と続くわけで、それはつまらないアニメやドラマを見ているのと同じこと。

仕事をしていて、ストレスを感じるからこそ、非日常の旅行などが楽しめるのです。やはり、人間は労働してこそだと思います。

もちろん、仕事のせいで土日は疲れ切って、余暇を一切楽しめない、最悪休みがないといった、人間の尊厳を切り捨てるような仕事はキツイでしょう。やばいと感じたら、逃げてください。そういう勇気も必要です。自分が潰れてしまったら、誰があなたを支えてくれるのでしょうか。

ブログは暮らしのセーフティネット。

ここで言いたいのは、ブログとは24時間営業してくれる個人ツールにすぎないということです。言い換えれば、自分のことをアピールしてくれたり、収益化で暮らしを豊かにしてくれる、広い意味でのセーフティネットだということです。

ここを間違えると、取り返しのつかないことになると思います。ブログとはツールにすぎないのです。ブログは、色々なブログを見る限り、その人のポートフォリオにもなりうるし、上手く行けばビジネスの入り口にもなるでしょう。

ブログ飯は厳しいと感じる今日このごろ。

ブログそのもので暮らすというのは、難しいです。広義でのブログで暮らす、つまりはブログを起点にビジネスをするというのは良いと思います。ですが、ブログの収益だけでずーっと暮らすというのは、恐らく、凄まじく辛いです。

理由は、生活のマンネリ化につきます。ネタがそのうち無くなり、ブログの利益も頭打ちになる。その上、人によってはそんな日常生活そのものに飽きるかもしれない。

Google Adsenseに依存していた場合、検索エンジンの仕様変更などでアクセス・収益が下がり、暮らしそのものを直撃する可能性すらあります。

引きこもり生活から感じた、変わらない日々への焦燥感。

なぜマンネリ化すると断言できるのか。引きこもっている間の経験からわかるのです。

引きこもっている間はなにも進歩がありませんでした。ノウハウの上達もなければ、向上心もない。人間が怖くて、それが悪循環を生みどんどん外に出られなくなっていく。そして悪いことに、それは焦燥感を生み、日々の暮らしを壊していきます。

ブログ飯は、下手するとこうした状況にブロガーを陥らせてしまうのではないかと、肌感覚で感じるのです。

ブログ飯そのものを全否定はしません。ですが、人によっては危険な状況に陥る可能性があります。よっぽど冒険心の強い開拓者タイプでなければ、何年もブログ飯を続けることは難しいのではないでしょうか。

自分らしい暮らしと、仕事をやめることはイコールではない。

仕事をしていても、その仕事が個人の尊厳を損なうものでなければ、自分らしい暮らしは実現できるはずです。だから、仕事がつまらないとか、なんとなくでブログを辞めてはいけないです。これは自戒も込めています。まだナメクジレベルのブログですが、ブログが生活を助けることがあってもそればかりを頼りにしてはいけない、慢心してはいけないと自分に言い聞かせています。

ナメクジブログがネットの端っこから呼びかけてみました。

僕の意見は、議題の性質上間違っているかもしれません。こういうのは個人差あると思うので。ですが、万人にブログ飯はすすめられません。ブログに、目的を持ちましょう。あなたは、ブログにどんな夢を見ますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク