つまらない人生をどう変えるか。お坊さんの動画から学ぶ。

この記事は約3分2秒で読めます。
スポンサーリンク

最近、政治に興味がなくなってきています。政治っていうのはとかく、めんどくさい。そして、時にバカバカしい。それに対して興味がなくなってきているのは、おそらく自分の心に余裕がなくなってきていて、自分の人生に関係してくる政治を考える余裕すらなくなってきているからだと思います。

現状は、何が苦しいのかわかない。でも苦しい。そんな状況に陥ってしまっています。そんな今ですが、ちょっとヒントになりそうな動画を見つけたので、備忘録がてら紹介したいと思います。

「つまらない人生を楽しくする方法」

この動画、なんだか毎日もやもやするという人にはぜひ見てもらいたいです。パっと視界が晴れるとか、劇的な解決論ではないけれども、実直で示唆に富んだ答えを与えてくれると思います。

よくわからないんですが、なぜかyoutubeのおすすめ動画に入っていたので思わず見てしまいました。

自分で悩んで、自分で決めること。

人に「生活がつまらないんだけど、どうしたらいい?」 と聞くと、大抵の場合「人生なんてそんなモノ」「苦しいのはみんな一緒」という答えが帰ってくると思います。それは、その人が質問に対する答えを持ち合わせていないから。言い換えれば、その人が解決できていないか、もしくは直面していない問題なんですね。だから答えられないのです。一般論に逃げてしまう。

そういう答えは参考にしなくていいと思います。相手には悪いと思いつつ(答えられない事自体が、悪いとは思いません。ただ、ここで説教混じりの返答を悩んでいる人に投げかけるのはNG)。

自分の人生の選択を、人に委ねていないか。

僕の場合も、動画中で説明されているように、人に合わせすぎてしまう所があると感じます。相手はこちらに恩義なんか感じていないとわかっていつつ、ひどい時は使いパシリにしようとしているのがわかっている時ですら、普段「お世話になっているから」と付き合いに応じたりしてしまいます。

もう30も近いので、こういう人は肌感覚でわかってしまいます。ですが、付き合いをやめられないのです。地域で重要な人物だからとか、単純に人に嫌われたくないから、だとかいう理由で。

ちょっとだけひとこと。

なぜ相手が悪い人間だとわかるのか。そういう人って、コミュニケーションのとり方が雑なんですね。必要なときだけおもねる態度で連絡してくる、それ以外は結構ひどいことを平気で言ってきたりする。優しい人というのは、常に慎重で、言葉を選びます。

そんな相手に嫌われたくないという心理的背景には、ただ「嫌われたくないから」という非論理的な理由しかないんです。仕事の取引相手だからとか、正当な理由があれば別なんですが。

人生の振り幅を自分で広げるとも言えるのかな?

動画の中では、「自分でどうぞ、好きなことを悩んで探してください。その際、行動の責任はすべて自分で取ることです」「人に迷惑をかけない範囲で、ワルになってください」という答えを出しています。

これこそ、大事だと思いました。

言い換えれば、人生の振り幅を自分で広げる行為なのかな、と思いました。振り幅が小さいと、守備範囲が狭く、想定外の事態に対応できず悩んでしまいます。結果、自分ではどうにもできず相手の意思にあわせてしまうのではないかと。

だから、多少ワルになるくらいの覚悟で自分の好きなことをすることで、守備範囲を広げて想定外を想定内に変えていくというのが、相手の意思におもねることなく自分で決断し、人生を楽しくしていくひとつの答えなんだと思います。

例えば仕事の重要な出張に言ったとして、仕事以外は自由だと伝えられる。地域の美味しい食べ物、魅力的なお店を目の前に、僕みたいな人間は「なんか怖いし」「それに同僚が仕事頑張ってるのに自分だけ」と思ってしまいます。そこを図太く(?)「まあバレなければいいっしょ」くらい振り切れて、そして仮に周りにバレても「そういう人間なんだ」と認識されてしまえばこっちのものです。

ここらへん、すごく日本人的な悪いところというか、横並び意識が強いために生じる「世間」という見えない力への恐れがあると思います。

悪さをして、そこから脚を洗った人間が魅力的に見えるのって、人生の振り幅が大きいからだと思うんです。

突然ですが、やっぱり5ch断ちは必須なのかなあ・・・

5chって世間の悪意の塊じゃないですか。脚を洗うべきなのかなあ。暇な時に見るにはちょうどいいんですよね、バカバカしくて。

具体的に、人に迷惑をかけない範囲で悪くなるとは。

個人的に思いついたのが、「興味ない人の話を聞かない」。これまで僕は、相手がこちらに「これがこれこれで楽しいんだよね」と言われると、相手が楽しいんだから自分も相手に合わせなきゃの態度で接していました。これを、「ふーん」で流せるようになると、確かに頭のなかで想像しただけでもすごく楽になる。

ようは、自分を守るコミュニケーションスキルを磨くわけです。

というのも、知り合いにそういう人がいるんです。興味ないと、その人は「ふーん」で終わってしまう。でもその割にすごく自分の人生に素直に生きている。苦しい中でも、すごく前向きです。

こういう人に学ぶべきだよなあと、思いました。

はやくつまらない生活を脱したい。

自分で決めて、自分で生きる。これを実践していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする