ボーッとすることの精神への効果。投げ釣りしながら。

ツイッターでフォローしている漫画家さんが、「この時期、新入生とか新社会人に向けてブログ書くひととかいるけど、そういう人はあんまり読まないよね」的なつぶやきをしていて、ムッとする反面そうだよなーと思ったりしてました。

まあ、ああいうのは困ったりして読むものだと思うので、行き詰まった時に読んでもらえればと思います。

さて、今日はボーッとすることの精神への効果について、僕の実感をもとに書いていきたいと思います。

ボーッとすることで、頭が整理される。

僕たちの脳みそというのは、記憶を整理して定着させる働きを持っています。それは主に睡眠の間、特にレム睡眠と呼ばれる間に行われるのですが、僕はここに注目しています。

睡眠というのは、自律神経系と深い関わりがあります。神経が高ぶって寝られないという状態は皆さん経験していると思います。これは、自律神経のうち、交感神経が優位になって引き起こされる現象です。

対して、自律神経の副交感神経が優位になると、リラックスし気持ちよく眠ることができます。

この両者のバランスを、きっちりとることが、精神病であるかないかを問わず、精神安定への近道なんだと最近感じています

ずっとリラックスしていたほうがいいと考える人もいるかも知れませんが、緊張は車の運転時など、適度にあったほうがいい場合もあります。仕事中などは、いい緊張感が集中力につながったりします。

そして、現代社会に生きる僕たちは常に頭を働かせ、交感神経を使いっぱなしにしている印象があります。

例として、スマホで常に文字を追っていますし、パソコンも仕事には欠かせません。数字が、情報が頭にあふれている状態なのです。

それらの情報を整理するために、睡眠前には副交感神経を優位にしておきたいのですが、スマホやテレビを見ていると、残念ながら交感神経が優位になってしまいます。

その上、普段交感神経を使って頭が緊張状態でいると、夜までこの神経が走りっぱなしになってしまうのです。

これが続くと、ある日脳みそがエネルギー切れを起こしたようにストンとシャットダウンされてしまう、これがうつ病の正体なのではないかと思っています。

ここまで読んできてわかっていただけたと思いますが、僕たちは現代社会の中で情報に過度に触れ、交感神経を優位にして、睡眠の質を落としているのです。それが脳の働きを落とし、最終的に精神をむしばむのではないかと。

だったら、副交感神経を優位にする時間を作って、頭を休ませる、脳に休暇をとらせる必要があるのではないか、というのが僕の素人考えです。

ボーッとすると、副交感神経が優位に?

これは科学的じゃなくて、僕の実感から導き出したことで仮説でしかないのですが、外でボーッとすることはとても睡眠の質を、よくしてくれるのではないかと思っています。

ボーッとするのは、当然眠気を伴います。時にはうたた寝したり。この時間、おそらく副交感神経が優位になっていることと思います。リラックスしている状態ですからね。

先日釣りに行って外でボーッとしたのですが、この日は睡眠の質が良かったです。

単純に、風にあたって疲れたから、よく眠れる。という考えもできるのですが、車の中で大半の時間を過ごして、たまに目を開けて竿先を確認する程度だったので、単純に体の疲れが眠りを深くしたとは言えません。

その上、僕は運転に苦手意識を持っているため、往復で100キロほどの距離の運転でしたが、ずいぶん緊張して神経をすり減らしました。この間おそらく交感神経が活発になっていたことと思います。

それでも夜まで緊張が続かず、よく眠れた。これは、ボーッとしたリラックスタイムがいい影響を与えた、と思うのです。

意識的にリラックスタイムを作るべき。

何度も書きますが、現代社会は情報過多です。過去にはニュースを見なければ意識しなかった社会の出来事が、スマホの通知を通じて勝手に向こうからやってくる時代。そしてLINEやSNSに浸かって過度に情報をやり取りする、便利だけどおせっかいな時代です。

たまには何もしないでボーッとする時間を過ごすのは、人間の摂理なのではないでしょうか。

おまけ:玄米が精神薬によるだるさに効果!?

これも僕の実感に基づくものなので、過度に信頼しないでください。

投薬を受けている方は、自己責任でこの情報を扱ってください。

玄米というか、僕の場合五分搗き米なのですが、これを食べてからというもの、精神薬によるものだったのか、そうでないのかは定かではないのですが、朝のダルさが解消されています。

玄米系の精米が完全でない米には、デトックス効果があって、体にいい成分も悪い成分もひっくるめて体外に排出してしまうそうです。

ダルさに関わる成分だけを、うまく排出していくれているのが、僕にとって効果的なのかなと思っています。

なんせ、いきなりですからね。普段は眠くてだるくて仕方がないのに、五分搗き米を食べ始めた途端に快調。特に頭がスッキリしています。普通の精神を病んでない人って、こんな快適な世界を見ているんだなと思いました。これはさすがに決めつけかもしれませんが。

同じように精神薬のダルさに困っている人、自己責任になりますが、試してみてはいかがでしょうか。玄米でも大丈夫なはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク