親友がいないと悩む人へ。親友づくりのキモは積極性。でも、無理は禁物。

この記事は約3分14秒で読めます。

そもそも、親友とは一体何なのでしょう。僕は、友達の上位互換だと思っています。すなわち、互いに心を許し合う、それでいて依存しあわない心地よい人間関係のことです。

友達同士は雲散霧消することもあるのですが、その中から紆余曲折を経て出来るのが、親友です。そのためには様々な条件が整う必要があり、一緒にいる時間の長さだったり、あるいはとりまく環境が重要です。学生時代にできなかった人はかなりディスアドバンテージを与えられます。

僕には、親友がいません。そんななかでも、生きてきて「親友ほしいな」と思ってきた中で、気づいたことがあります。それは学生時代を除けば「傲慢」で「主体的」でないと、親友はできづらいということです。このことについて今回、書いていきたいと思います。

仲のいい人達をみると、孤独を感じることも、ある。

仲良く歩きながら談笑する学生に、コンプレックスとまでは行きませんが「ああ、ああいう時代は自分にはなかったな」と、諦観を覚えることは多いです。30を前にして、友達づくりへのある種の諦めが、情念となって頭を上を漂っています。

僕には学生時代、友達がほとんどいませんでした。結果、親友は未だにいません。帰省したときに連絡を取り合う人や、いざというときに駆けつけてくれる友はいます。北海道にも人間関係ができています。ですが、完全にお互いが心を許し合っているかというと、それは別です。僕的には「まだ」だなあ、親友と呼ぶには。そんな感情が、正直なところあります。

だから、仲のいい人たちを見るといまだに「孤独」を感じることもあります。ですが、この年になるとそんな人達が裏で互いの悪口を言い合ってたりすることも知ってるので、ある種の諦観とも呼べる感情が湧き上がるのです。

アラサーにしてこうですから、もっと年上の方は人生経験の豊富さから、親友などいなくても割り切っていると思います。ですから、ここでは主に友達関係に悩んでいるであろう20代以下に向けて書いていきたいと思います

自分が自然にしていれば、友達は自然とできる。親友は、がっつかないと作れない。

結論から言えば、「傲慢」で「主体性」をもった人ほど、親友ができやすいです。否、親友とはできるものではなく作るものです。

自然体でいればいるほど、友達はできやすいです。これは30年近く生きた人生経験から感じます。

だって、常に斜に構えてたり、意地汚い顔をしていたり、人を利用していようと企んでいるひとを、魅力的だと感じますか?魅力を感じるからこそ、そのひとに近づきたいと、人は思うわけです。まあ、イケメンだからとか単純な理由で近づくこともないわけじゃないですが。それはそれで孤独を感じるのですよお互い。

ですが、親友という関係は友達関係の土台の上に成り立つものです。お互いをよく知らない人が親友になれることは稀です。お互いを知らないのに、心の内や闇を喋ってしまうことは難しいからです。

だから、積極的に友達関係の地層を作っていける、積極的な人こそ親友を作りやすいのです。

人間関係はある意味人任せでもうまくいくものですし、それはそれで人間関係の潤滑油だったりします。

ですが、親友づくりでそれをやってしまうと、一生「人に利用される」だけの虚しい関係に振り回される可能性だってあります。

ここまで書いていて、童貞のくせに「これは恋愛にも言えることだな」と感じています。

キモいですけど、悪い線には行ってないんではないでしょうか。

こんなことに気づいたのは、これまで僕が受け身だったから。でも、それでもいいのかも。親友は無理に作らなくても。

友達作りは、繰り返しますが、受け身でいることがプラスになることもあるのです。友達作りの段階でがっつくと、「なんだこいつ」と思われることもあるでしょうし、がっつく人の周りには相手を利用してやろうとする「がっつく」人が集まりやすいです。

反面、親友はやっぱり「選んで」「こいつだ」と思った相手と距離をつめていく必要があるのだなと、なんとなく僕は気づいたのです。行動で示して相手に自分を意識させることで、ようやく親友づくりの土俵に立てるのです。

こうして書いてみると、成人してからの親友づくりというのは、ビジネスにも似た、打算の積み重ねの上にあるのかなと、矛盾すら感じてしまいます。親友よりも、ゆるい友達をたくさん作ったほうが、豊かな人生を送れる気さえします。

とにかく、学生時代に親友を作れなかったのが痛い。

以上、これまで友達と親友を混同していた僕は、「なんで親友、できないんだろう」とモヤモヤしていました。ですが、これは当然の帰結だったのです。

もちろん、がっつきすぎると、関係を維持する上で自分に無理が生じてきます。だからこそ親友がいないという人が、世の中にはたくさん存在しているのだろうと推察できます。

まとめとしては、無理に親友作るな。

これまでのことをちゃぶ台返ししてしまうのですが、成人してから親友を作るのは非常に敷居が高いです。それよりも、これまでの人間関係をアップデートして、豊かな人生にしていくことのほうが重要だと思いました

無理して親友なんか、作らなくてもいいのです。虚しさなんか、忘れてしまえばいい。

親友のいない優しい人へ。あなたは存在しているだけでいいのです。無理せず行きましょう。

親友でなくとも、あなたを必要とする人は、自分磨きを続ければ現れるはずです。

まあここらへんは僕も確信は持てないですが、理論としては間違ってないと思います。

気楽に行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク