浜益港の夜釣り。クロソイ・ハゼが簡単に釣れちゃいます!

この記事は約3分9秒で読めます。
スポンサーリンク

浜益漁港に夜釣りに行ってきました。はじめての釣り場だったので夕方に到着し、写真を撮りながら現地の様子をうかがいます。見た感じザ・石狩の漁港って感じの変哲もない場所ですが、はたしてどんな釣果が出たのでしょうか。

浜益港とは?

浜益市街(川下地区)から少し北に増毛方面へ国道を走ったところにあるのが浜益漁港。ここらへん、漁港が多いので通り過ぎたり間違えたりしないように、出発前によく地図などで確認してください。

がらーん。ホントに釣れるの?

今回狙うのは、クロソイ仕掛けはブラーを道糸に結び、餌の青イソメを房掛け(青イソメを真ん中でカットしてどちらも針に引っ掛けます)にします。

しかし、現地はご覧の通り、ひとっ子ひとり、釣り人がいません。後から一人いらっしゃいましたが、すぐ帰ってしまいました。漁業関係者と、カラスの世界。釣れるのかここ?

はじめて釣りをする漁港なので、明るいうちにきて、写真を取りながら偵察します。

水深はすごい浅い。3mくらい?堤防先端までいけば良さそうですが、南側の堤防は昼間工事車両が入るみたいで、夜以外は入れるかわかりません。

必然的に港内か北側の堤防が確実に釣りできる場所となります。

一通り見て回った感じ、なんの変哲もない石狩の漁港という感じ。まあ、厚田から30分足を伸ばせばこれる場所ですからね。

人がいないとはいえ、それなりに魚が釣られている場所だと踏んで臨みます。

暗くなってきたのでブラーと餌をセットし釣り開始!

ボイルと、逃げ惑うチカ。釣れそう!

来た直後と違って、水面直下をチカが逃げ惑っているので、なにかいる予感はしました。

夕マヅメということもあって、ボイルもそこかしこで湧いています。

まずは足元に落として、少し浮かしてちょんちょん。ググっとした引き、ちょっと大きめの魚が上がってきました。釣れたのは・・・

東京の釣りではおなじみ、ハゼ。とはいえ、こちら北海道のハゼはとにかくデカイ。20cmくらいあります。今回は狙いの魚ではないのでリリース。

また足元の中層でちょんちょんしていると、ゴンっという引き。

おー、25cmくらいのクロソイ。狙いの魚が釣れました。あっさりクロソイの最高記録更新です。なんだか、これ以上の大きさは釣れない予感がするので、キープです。

その後もミニクロソイが、飽きない程度に釣れ続きます。

たまーにボイルしているところにブラーを投げてやると食ってくることもありますが、基本は足元の中層でちょんちょんです。底に餌が付いているとハゼが食ってきます。

こちらもハゼ。リリースしたけど、まさか2匹釣れるとは思わず。複数釣れるならキープしとけばよかった。

あいつ。

そういえば、あいつ釣れないなー。釣れないかなー。

どん。ガヤこと、エゾメバルでございます。ふとこいつの事想像してたら、不思議なもんで、速攻釣れました。

港内は常夜灯あり。足元がちょうど明かりと暗闇の境目に。

足元が常夜灯の明かりと影の境目になっていて、そこに魚が集まっているようです。

足元でちょんちょんしていると、この2番めのクロソイ。22cmくらい?食べてみたいので、キープします。クロソイ食べたことないので、小さいとはいえ今回ばかりは勘弁してください!

ちょっと投げるとフグが釣れました。ショウサイフグかな?暗くてわからん。最後にふくらむゲストが釣れて、和みました。疲れていたので、これにて釣りを切り上げて終了。正味1時間半の釣りでした。

初心者でも釣れる!寒くなる前に行くことをおすすめします。

この日も一応冬用の除雪防寒具は1枚羽織ってました。今回は9月後半の釣りでしたが、寒くなると釣り自体が辛くなるので、早めに行くことをおすすめします。寒いと着込まなきゃいけなくなるし、その分装備も増えますし、動きにくくなって釣りづらいです。

初心者は、まず港内で小さい魚を釣って、夜釣りの感覚を掴むことから、ですね。

基本根魚は年中釣れると思います。夕マヅメからの短時間釣行。

帰宅後、すぐ就寝。翌朝冷やしておいたクロソイをさばきましたが、腸の中には小ハゼと思しき小魚やカニが入っていました。カニなら年中港に居ます。これなら、少なくともクロソイなら年中釣れそうですね。

僕みたいな夜釣り初心者は、夕まづめからの短時間釣行が向いてそうです。釣れなければすぐに切り上げて帰れば、日付が変わらないうちに家で眠れますし。

というわけで、ブラーを使ったクロソイ釣りでした。

簡単に釣れて拍子抜けしましたが、クロソイは夜行性の魚なのでさもありなん、ですね。

クロソイは鍋がおすすめ!ひとり鍋でソイのだしに唸る。

クロソイはいわゆる「霜降り」で臭みをとってから、鍋にしました。

基本的な調味料、例えばしょうゆや料理酒、塩にだし用昆布と、大した材料を使っていないのに、それはそれは上品な味でした。

鍋だけど「汁が飲み干せる!

港内で釣ったので臭みを心配したのですが、まったく臭みはなかったです。カマの部分や目の下などは、プリプリの身で食感も同時に楽しめました。

おかゆに使うような、ひとり用の土鍋で作ったので、香ばしさもプラスされてとても美味しかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする