釣り歴1年の冬、海釣りにて撃沈。辛うじて1匹イワシが釣れました。

この記事は約2分15秒で読めます。
スポンサーリンク

当時は、今みたいなキュレーションメディア・個人ブログ全盛期ではなかったので、釣りについてイチから教えてくれるようなサイトは殆どありませんでした

それに、釣りの種類(ウキor投げ、エサorルアーなど様々)や天気、地形、海なら潮や普段食べているエサなど、様々な情報を集めなければ、満足に釣りをすることもできません

川や海で魚を釣りまくってる少年って、釣りをしまくってるだけあって実はここらへんには長けています。僕は彼らに遥かに劣る釣り人でした。

引きこもり時代の僕は、ネットで頭をデッカチにして、必死こいて神奈川県南部の小田原・早川港へ行きました。

釣りを通して、自分の成長を実感?

実はこの夏、帰省がてら早川港へ釣りに行ってきました。結果、キタマクラ・ネンブツダイ・イシダイ・シロギスが釣れ、四目釣りを楽しめました。

引きこもり時代と、実は持っている釣り道具は大して変わらないのです。昔と違うのは経験と、知識、そして勘

昔の釣行は、まず小雪の降る、めっちゃ寒い日を釣行に選んでしまったということが失敗でした。

魚は変温動物で、寒さに弱い上、気温の変化に敏感です。普段晴れている関東地方で雪が降るとなると水温も下がる状況で、とても釣れるとはいえません。

当時の釣り方は、川で使うウキ仕掛けに、オキアミをくっつけたシンプルなもの。ですが、普通はこれに加えてコマセという、魚を呼び寄せる効果のある撒き餌が必要です。撒き餌を撒くと魚が「エサがいっぱいある!」と食事モードになり、針についた餌にも食いついてきて釣れるという理屈です。

まあ、コマセ、買わなかったんですね。ネットで「川釣りの仕掛けで、餌はオキアミ。これで釣れる」という情報を見て、冬にそれを試してしまったんです。夏なら釣れたでしょうね。ただでさえコンディションが悪い冬、もうひと工夫、「撒き餌」が必要でした。

ひるがえってこの夏の釣りは、地形を読んだ釣り方をしました。経験から、魚は足元・海中の坂(駆け上がり)に群れていると知っていたからです。仕掛けは胴突き仕掛けという、一番下にオモリがついて、途中の糸から針が分岐している仕掛けでした。

これは投げて底に沈めると底にいる魚、そして足元に垂らすと浮いてエサを探している魚を狙える便利な仕掛けです。底を狙う場合は駆け上がりを、足元を狙う場合は浮いている魚を狙って仕掛けを水中に垂らすだけ。これで釣れます。

魚がいる所に仕掛けを垂らすだけなので、コマセで魚を呼ぶ必要はありません。食事モードにする必要もありません。

あの寒い冬、釣れなくて辛い思いをした冬に思いを馳せながら、満足行く程度には魚を釣り上げていました。

左上:シロギス 右上:イシダイ(稚魚) 左下:ネンブツダイ

それでも1匹釣れれば、安心する。

これが昔の釣りで釣ったイワシ。正確にはトウゴロウイワシという、ボラの仲間なのですが。

1匹釣れれば、釣り人は安心するのです。僕も「よくぞ釣れてくれた!」と小躍りしました。なんか、いまのブログ運営に似てますね。実は1アクセスに一喜一憂しているのです…。いつかこのブログも成長してほしいものです。

引きこもり時代は、こんな釣りの繰り返し

拙いんですな。情報も経験も知識も不足している。それでも釣りに行き続けたお陰で、そこそこ上達することができました。初心者に毛が生えた程度のものですが、それでもボウズで帰る日は1年にあるかないかレベルまでになりました。

行き続けた理由は、魚や釣りそのものへの知的好奇心からに他なりません。知りたいから、釣りたいから行く。釣り人の行動動機なんて、案外単純なのかもしれません。

釣りをしていて、よかった。

釣りを続けて良かったです。あの時代に投げ出していたら…。

そんなこんなで今回はここまで。とくに結論も何もないのですが、こんな感じで今後は緩く行きたいと思います。当時を思い出しながら書いているので、書くこと主張したいことも少ないのです。

釣りを始めてからの3年間は、釣りに行くのは年に数回だけでした。 行く機会が少ないのは、単にやる気がないのではなく、外出するだけで精一杯...

↑戻る
↓進む

釣りを初めて2年目の夏、僕はまだひきこもりの最中でした。 外出して人が怖いと言っても、親に付き添われてなら、多少抵抗は低くなっていまし...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする