札幌オタク街・オタクショップ一覧+アルファ。これで大丈夫。

札幌のアニメオタクの聖地・丸大ビル

札幌のオタク街と言えば、南2条西1丁目の「丸大ビル」。ここを起点として、オタショップ巡りができます。以下、筆者流の札幌のオタショップその他の巡り方を書いてみたいと思います。

札幌駅から大通まで歩きます

10時の地下歩行空間を歩きます。展示やイベント、大道芸人のショーなどもあり、長い距離歩きますがそれほど疲れは感じません。田舎暮らしなので、ここの都会っぽさはとても新鮮です。

まずは、冷やかしにアニメイトへ

35番出口(現在閉鎖中、丸井今井から地上へ出るべし)を出て地上へ出たら、少し歩いて目的地へ到着。丸大ビルの階段を登って2階のアニメイトへ。しかしここ、欲しい店舗特典がある時以外はめっきり利用しなくなりました。というのも、とにかくいつ行ってもレジ待ちの列が形成されてる!それも数mならいいですが、店内をグルっと20mくらい列形成していることもあります。これじゃ、レジ待ち時間が長いだけでなく、陳列棚の近くに列があって欲しい商品探しにも支障が出ます。店舗が大きいぶん、商品は充実してますし、マニアックな書籍も置いてあるのですが、ぐっとこらえて3階へ行きます。ちなみになぜか日に日に女性客が増えてます。そのうち男性向けアイテムなくなるんじゃないか!?アニメイト札幌店。

またまた冷やかし、らしんばん

らしんばんには声優ライブやアニメ本編の中古円盤が取り揃えられています。その他中古フィギュアも充実。ここも女性客多いです。冷やかしに見てみますが、フィギュアは中古怖い・アニメ円盤は買わない・声優ライブは現地に限る、ということで何も買いません。たまに買うとしたら、気まぐれにすごい昔の蒼樹うめさんの同人誌とか置いてあるので、そういうのですかね。昔の同人誌には意外と強いです。となりの閑散としてるらしんばん中古ゲーム館はたまーに寄りますが。

4階のコスプレ衣装店、カードショップを横目に、さらに階段を登って5階ゲーマーズへ

ここでようやく買い物をします。客は男性が99部。5階まで来るので足腰も鍛えられます…。というのは冗談ですが、外が暑い時来ると結構汗かきます。加えて、どこもそうなんですが、オタショップってなぜか冷房あんまり効いてないんですよね。

ゲーマーズは2017年現在、ラブライブ!サンシャイン!!コーナーが充実。その他新刊漫画・ラノベ・CD等たいてい揃います。中古はらしんばん、新品はゲーマーズという住み分けが出来ていると思います。

最近はここで買い物することが多いですね。前述の通り、アニメイトはレジ待ちが長いためです。同じ心理なのか、お客さんも心なしか増えてる気がします。

ただ、ごくまれにここにない商品もあるので、その場合は1階へ降ります。エレベーターもありますが、階段のほうが待たないで済むので楽です。

とらのあなで新刊補充

丸大ビルとなりの二番館ビルに、モスバーガーと一緒にとらのあなが入っています。唯一ディスプレイが通りに面しているので観光客を引きつけるかと思いきや、外国人らしい客はめったに見ません。客は男女64くらい。女性向け同人誌がとても充実しています。東方関連にも強いですね。同人音楽の他、珍しく東方の同人ゲームも置いてます。下手したら池袋よりも東方関連は品揃えいいかも。新刊はここで買って、あとは最終兵器を使います!

最終兵器!同人誌は丸大ビル地下メロンブックスへ。

再び丸大ビルへ戻り、地下へ降ります。メロンブックスは新刊も置いてますが、ウリはやはり同人誌。男性向けが強いです。18禁も充実してますね…。ラブライブ、けものフレンズ、東方、艦これ、アイます…たいていのメジャータイトルの同人誌はここで揃います。

延長戦!ブックオフ・まんだらけ、あるいは札幌駅前紀伊國屋書店へ

まだ気力がある時は、少し離れますがノルベサのまんだらけ(すすきの)や、丸大ビル近くのブックオフにも行きます。あるいは紀伊國屋書店という手もあります。ここは漫画関連意外の書籍も非常に充実してますので、勉強したい分野があったらぜひ行ってみてください。丸大ビル近くの丸井今井のジュンク堂もいいですね。こっちも書籍充実してます。

疲れた…昼だ。落ち着けるモスか、うるさいけど安いマックか。

僕は断然モス派。元来のコミュ障なので、落ち着く場所が好きです。食事くらい落ち着いてしたい。でも一人では近くの飲食店は入りづらい。だからモスバーガーに行きます。

マックは座れないことがあるので、注意してください。外国人も多いです。

まだ遊び足りん!って人は狸小路のゲーセンへ

クレーンゲームが充実してるゲーセンが幾つかあります。

タイトーとアドアーズがあるのですが、どちらも札幌駅エスタの、ユニクロの上のゲーセンに比べてフィギュアが取りやすいです。来客数の違いから言って、エスタのほうが断然多いでしょうからこのような結果になってるんでしょうね。アケフェスもエスタと違い並ばずに遊べます。

なお、「タイトーステーション札幌狸小路店」は「札幌狸小路2丁目店」に集約移転のうえ閉鎖されるようです。

書いてみると、意外と充実してるな札幌オタショップ…侮りがたし。

アキバに比べるとどうしても規模は小さいのですが、各店に個性があって、目的がはっきりしてれば短時間で迷わず買い物できますし、逆に見物目的なら店舗ごとの品揃えの違いに色々感じるところがあるかもしれません。地元の方も、観光目的の方も、ぜひ札幌のオタショップへ行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク