【北海道】ゆるキャン△見てソロキャンプしたくなった話。

せっかく北海道に移住したのに、それっぽい事あんまりやってないなー。とは常々思ってました。

人間、自分の視野の範囲内が世界のすべてだと、思ってしまいがち。それを少し広げてくれたのがアニメ「ゆるキャン△」でした。→参考記事:2018年冬アニメ。個人的おすすめアニメ「ゆるキャン△」。

今回は、ソロキャンプまでの道のりを妄想しながら、記事にしてみます。

はじまり。お金が貯まらない、日々を漫然と過ごす北海道の社会人。

僕のプロフィールを簡単に。東京出身の元ひきこもり、北海道来て脱ひきを果たしました。以上。

で、最近の悩みがひとつ。浪費癖と言うか、食費や遊興費が収入に占める割合が高く、コンビニ利用頻度も高くて、お金が貯まらないのです

なんというか、浪費しつつ日々を漫然と過ごしている感がすごいある。せっかく北海道に住んでいるのに、車もあるのに。札幌近郊に住んでいるのですが、留萌にニシン釣りに行ったのが最大の遠出です。

そんな日々を変えたい。そんな時に前述のアニメに出会ったのです。といっても、僕にとってキャンプはそれほど特別なものではなく、子どもの頃よく父親に連れられてキャンプはよくやっていました。だから、アニメ+キャンプという組み合わせに特別な感覚はあまりありませんでした。

さて、このアニメでは登場人物の女子高生「志摩リン」がソロキャンプをするところから物語が始まっています。ソロキャンプそのものについても、ネット動画などでよく知っていたので「男だったらやるかもな」程度の認識でした。たぶん日本の女子高生にはムリです色々と。治安面も含めてね。

まさかそれを自分がやるなんて、夢にも思ってません。というか今でも「ホントにやるの?」という疑念はあります。

ですが、変化のない人生は楽しくない。せっかく新しい世界に触れたんだし、お試しレベルでやってみようかな、という感じです。

キャンプに必要な道具は?

最悪車で寝ればいいのですが、できれば横になりたい。

なのでテント・寝袋・マットは必須ですね。テントは1万以上するブランド品を買ったほうが後悔しないそうです。キャンプにおいて一番大事なアイテムですからね。

あとはキャンプ用鍋のためのガスバーナーとコッヘル。イスは釣り用のでいいかも。お試しなので、最低限の道具で行きます。

LEDランタン。個人的には必須です。あと火をおこすマッチ。新聞紙。

これらが入るリュックがあればいいかな、という感じです。

で、いつやるの?

冬に北海道でキャンプはしたくありません。最悪凍死します。というかキャンプ場やってるのか?

春~初夏を目標にします。テントもその時期を想定したものを買います。

いまさらだけど、なんでソロキャンプ?

自分の時間は十分に取れている自覚はあるのですが、常にパソコンの前に居て、機械に操られているようで、本当に自分の時間といえるのか、疑問です。もちろん、一番はダラダラ過ぎていく日常を変えたいという思い一つですが、この機会に自分ともう一度向き合いたいと思ったのも、理由の大きな部分を占めます。

では、ソロでやる理由は?ひとつは、なんかまだキャンプで誰かと過ごすのが敷居が高いなと。昔よりはマシになりましたが、まだ、自分の中に「俺と一緒に居て楽しいのか?」という疑念が渦巻いているのです。

だからキャンプに慣れて、人に魅力を伝えられるようになったら、誰か誘おうかなと。

前述のソロキャンプ動画でも感じたのですが、やっぱりキャンプの王道は仲間同士でのキャンプです。ソロキャンプの動画に、チームキャンパーのやかましい話し声・笑い声がたまに混じるのですが、その瞬間、現実に引き戻された気がしてしまう。

その動画の人は、カメラの前で一人。自分は、PCの前で一人。どうも、重なってしまうんですね。

だから、できるだけ大規模でオートキャンプが主流なところは避けます。一人でゆっくり、星でも見られる所を探してみます。

今の所、近隣では富良野がメジャーで良さげな地域なのですが、デカイ所が多そうです。もうちょっと、探してみます。

妄想して終わり?

いやいや。とりあえず、余剰金を作って、月々で道具を揃えたいですね。

まずはガスバーナーかな。釣りでもカップラーメン食べるのに使えそうですしね。値段は3000円~。これくらいならコッヘルも行けるかな、と調べてみるとセット品を発見。ガスバーナーとコッヘル合わせて5000円程度。これを目標に、金貯めます。貯まって買えたら、報告します。そうすれば、ブログの企画っぽくなっていいですよね。

決意の決め手は。

やっぱり、アニメでソロキャンプの魅力を知ったからだと思います。

楽しめれば、いいなー。

なんかネットでは、ゆるキャン△に感化されて-16度の野外でキャンプしたとか極端な人が話題になってますが、アニメの通り冬にキャンプする必要は必ずしもないわけで。そもそも冬にソロキャンプっていうのが、上級者向けな気がしますし、変化球だと思います。ネットや衝動に惑わされず、自分で考えてムリのない範囲で楽しみたいものです(自分に言い聞かせてる)。

まとめ

  • 漫然と金を使い、漫然と過ごす日々を変えたい。
  • せっかく北海道に移住したので、それらしいことをしたい。
  • この機会に自分と向き合いたい。
  • 決めては、アニメを通してソロキャンプの魅力を知ったこと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク