今は亡き防波堤・・・湘南の海・腰越港で初の(魚)お持ち帰り。

この記事は約3分51秒で読めます。
スポンサーリンク

腰越港は、比較的いい思いをしたことが多い、相性のいい港です。

ですが、現在は漁業関係者以外、目ぼしいポイントは殆ど立ち入りできなくなっています。

漁港での釣りは、漁業関係者のお目こぼしと言うか、黙認のもとで行われているので、ここはまあ、そういう選択をしたということなんでしょう。

思い出の防波堤も、工事で取り壊されました。

さて、初のお持ち帰り。どんな様子だったのでしょうか。

人は怖いが、海に行きたい。魚が見たい。

この日は、魚の活性が高かったこともあって、下手くそな僕にしてはよく釣れました。

釣りを初めて2年目の11月、腰越港にて初のお持ち帰り()を経験しました。

湘南の海は、東京湾とともに思い出深い釣りが多いです。当時の僕は、まだまだひきこもり真っ盛り。外には徐々に出られるようになったものの、まだ「人が怖い」という感情は強いものでした。

今でもやってるかわかりませんが、飯岡丸という釣船の船宿さんが、釣具屋を兼ねていて、当時釣具とエサを買うことが出来ました。

釣りとまだ見ぬ魚との出会い。恐怖心という壁を乗り越え、飯岡丸さんの店員さんから必要なものを購入。道路を挟んですぐ海です。

「ワクワクが止まらん!」

腰越港にたどり着くまで。

当時、精神的に辛くてあまり遠くまでいけなかったため、腰越へ行くのも勇気がいりました。

まず、人が多い所を通りたくない。藤沢で江ノ電に乗り換えるのですが、その合間に人通りの多い所を通らないといけない。これがなかなかに恐怖でした。

なんとか耐えて、江ノ電に飛び乗る。

周囲の笑い声が自分のことを対象にしているのではないか、という妄想。ある意味、ひきこもりの外出は自分との戦いです。

次は、駅についたら、エサを買わないといけない。

電車に乗る時、僕の立ち位置はドアの前と決まっていました。人と目線を合わせなくて、いいから。

次の行動を考えながら、手すりを掴む手がじんわりと汗ばむ。秋なのに。

腰越で電車を降り、釣具屋へ。釣具屋を出たあとは、「俺なんか変じゃなかったか?」の自問自答。

でも、海に出れば、もうその事しか頭にありません。もちろん漁業関係者のことが気になるものの、スタスタと一直線に、港の一角をなす、神戸川(こうどがわ)の導流堤を目指します。

サビキ釣りでメナダ・メバルと遊ぶ。

この日の仕掛けはサビキ。

仕掛けを投入すると、すぐにグイグイと手応えが。魚が釣れました!

この魚、どうもボラみたいで様子が違うので調べてみると、メナダというらしいです。メナダはこの時釣ったきりです。

逃して、すぐまた釣れる。メナダ。そして今度は・・・

メバルでした。初メバル。でも小さいのでお帰りいただきます。ありゃ、またメバル。

今日は連続して同じ魚が釣れるなあと思っていると、堤防の先端で釣りをしていたオジサンに声をかけられます。

「もっと先端に行かないと釣れないよ」

ウルメイワシがずっしりと重い。

釣れてるし、余計なお世話だなあ、と釣り場ではフテブテしいひきこもり。でも、ついていくと見たことのない青色に輝く魚がつれています。

「ウルメ(イワシ)だよ」

へえ、なんかイワシって言うからには食べられそうだな。と。

仕掛けを投入。なんかすげー重たい。ウルメイワシが鈴なりに釣れました。

しばらくしてエサが切れると、オジサンと一緒に釣りしていた奥さんが、エサをわけてくれました。

へ、なんで?

人から親切にされることに、戸惑う僕。情けない話ですが、大学生になってまともに人から好意を向けられたこともなく。ましてや友達も居ない。人間不信のひきこもり。

なんで?という感想でした。でも、ありがとうございます、は言えたと記憶しています。

ありがとうございます、というほどスマートじゃなくて。

吃って。「あ、え、あ、あり。ありがとうございます!」って感じでしたけど。

いやあ、思い返してもよく釣りなんてやってたなあと思いますよ。こんな辛い思いしてるのに。

その日は、釣果も得て、魚もお持ち帰り出来て、意気揚々と帰宅しました。

イワシは煮付けにしました。うんまい(と記憶しております)!

ちょっとずつ、当時の僕は”階段”登ってたのかなあ。

帰りの電車。藤沢から快速列車で自宅までゆっくり眠りにつく。

地味に好きだったのが、遠くまで釣りに行くと、行きは早くつかないかなと、辛いのですが、帰りは惰眠を貪れるので好きだったりします。

首は痛いし、お尻も痛くなるけれども。

ひきこもりはもっと長く続きました。当時はまだ、暗闇の只中。闇の支配する”日常トンネル”に光がさすには、まだまだ時間がかかります。ですが、ゆっくりと進んでいれば、いつかは出口にたどり着く、一本道。それがひきこもりです。その一助が、杖とも言えるのが釣りでした。

釣りを冬に開始して、年を越した2年目の晩夏。 僕はかつてない釣果を上げていました(といっても雑魚釣りですが)。 それまで...

↑戻る

この連載では、僕の過去について、「引きこもり」と「釣り」というキーワードから書いていきます。 基本的には釣りが中心となるのですが、釣り...

↓進む

まだない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする