幸せになる方法、それは希望を持ち変化を望むこと。

この記事は約3分6秒で読めます。
スポンサーリンク

幸せとは、本人が主観で「俺は幸せだー!」と思えることです。

では、幸せになるには、どうしたらいいのでしょうか

それには「希望」「変化」というキーワードが必要です。

以下、この2つを軸に書いていきたいと思います。

今日書きたいこと。

  • 幸せになるためには、「希望」「変化」というキーワードが重要。
  • ああなりたいこうなりたい、その変化したいという希望こそが幸せにつながる。
  • でも、希望を持つのにもどうにもならない状況というのもある。
  • それを解決するには・・・寝ろ!リセットしろ!
  • 年を言い訳にしてはいけない。

変化のない日常にドロップキック!

僕の身近に「なんか良いことないかな」が口癖になっている方がいます。

毎日毎日、変化なく続く状況に退屈し、そして苦しい状況に圧迫感を覚えているようなのです。

この方はオジサンですが、若いのは良いことだとしょっちゅう言ってます。

それは確かだと思います。若いというのは、それだけで希望を持てるからです。

つまりは、変化する可能性が高いから、です。

ここまでで、出てきましたねキーワード。「変化」と「希望」。この2つが、繰り返しますがこの話の軸です。

なぜ変化が幸せにつながるのか

なぜ、変化が幸せにつながるのか。それは、単純に自分が変化することで、成長かな?と思えやすいというのもあるし、そもそも論として、こうなりたいという変化は、「成長」と言い方を変えて生きるモチベーションになるからです。

例えば1日100アクセス稼ぎたい、という僕の切実な願い。そのために、まずネットを読み漁ります。

知識がついたり、その知識を元にしたトライアンドエラーで判断力がついたり。時には情報に惑うこともあります。ですが、そんなことも含め、その行動そのものが変化なのです。

こうなりたい、ああなりたい・・・。それは、若者ほど何度も抱く思いです。しかも、それは高望みでもあります。

ですが、この変化したいという希望こそが、繰り返しますが生きるモチベーションになるのです。

だから、変化することを恐れたり、めんどくさがってはいけません。

お金が、人が、環境が幸せを持ってくることもある。が、それは一時的だ。

ちょっと大雑把かもしれません。ですが、以下の3つの根底は一緒という意味で。

お金、人、環境、それぞれは、ゲットしたその時点が一番効能が高いのです。

たとえば、パソコン関連の新商品が出たとします。一番嬉しいのは、お店に並んでゲットした時なのです。

その後紆余曲折はあるものの、基本的にはこの法則はなかなか崩せません。彼女だって、そうかもしれません(いないのでわからない・・・)。

悲しいことですが、ほうっておくと、どんなものでも効能は下がっていくものです。

だから、こちらから能動的に物事の使い方を考えたり、アプローチの方法を変えたりしないと、効用を維持することすらできません。

でも、希望を持っても、変化してもどうにもならない状況もある。

以下脇道に逸れます。どうにもならない状況というのはあります。

視野が広ければ、希望が視界に入るため頑張れるのですが・・・。

苦しい、追い込まれている状況では、視野が狭くなるため希望も視界の外に消えてしまいます。

なので、視野を広げてやる必要があるのです。

視野を広げる対策、それは・・・

それには・・・グダグダしつつ、諦めて寝ろ!ってこと。

正直にいいますが、狭い視野は、ちょっとやそっとじゃ広がりません。

人間、そんなに器用にできていないのです。

なら、寝てリセットしちゃえばいいじゃない、というのが僕の考え方です。

ちなみに僕は、1日寝てもリセットできません。数日かかります。これは個人差ありますよ。

でも、苦しい時。今は、視野が狭くなっているから苦しいんだと思えば、苦しみにも耐えやすいというもの。そこを乗り切れば、必ず希望が見えるということですね。

希望が見えれば、そこから解決策を見つけに動き出すことが出来ます。

変化するために行動することが出来る、ということです。

ちなみに・・・。

寝る前にお風呂に入ることは大事です。

頭のなかで悩みがグルグルまわっている時は、寝れない可能性もあります。

ならば、できるだけ寝やすい状況を作り出しましょう。

年齢を言い訳にしてはいけない。オジサンこそ新しいことにチャレンジすべき。

よく「歳だから」「物覚えが・・・」という人がいます。

それは脳の変化によるものですから、当然のことです。

ですが、だからこそ。年を取ったからこそ、時代の変化に置いていかれる可能性は高くなります。状況は苦しくなるばかりです。

ならば、少しでも食らいついてほしいのです。オジサンというのは打たれ弱いけども、熱気は若者よりも高いと感じます。それは生きてきた経験から、視野が相対的に若者よりも広いからです。その視野の広さから、希望を見つけ出してほしいのです。

若者も忙しさを言い訳にしてはいけない!

幸せになりたいなら、希望と変化が必要です。時間を作り出すしかないのです。

相対的に、オジサンより若者のほうが希望を抱きやすいです。

だから、諦めてはいけません!

まとめ。

  • 幸せになるためには、「希望」「変化」というキーワードが重要。
  • ああなりたいこうなりたい、その変化したいという希望こそが幸せにつながる。
  • でも、希望を持つのにもどうにもならない状況というのもある。
  • それを解決するには・・・寝ろ!リセットしろ!
  • 年を言い訳にしてはいけない。

すごい難しいテーマでした。こんなふうで良いのだろうか。悩みながら書いてました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする