今日も一日がんばるぞい!涼風青葉のかわいいポイントを紹介。

この記事は約3分29秒で読めます。
スポンサーリンク

涼風青葉


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

誕生日2月2日
声優高田憂希 / twitter
ねんどろいど NEW GAME! 涼風青葉 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
グッドスマイルカンパニー (2016-10-28)
売り上げランキング: 5,041

 「今日も一日がんばるぞい!」でお馴染み、「NEWGAME!」主人公の涼風青葉を紹介します。(ちなみにこれ、アニメ1期中では”1回”しか言ってません。)

涼風青葉の萌え・かわいいポイント

 涼風青葉を象徴するのが、「がんばるぞい」に代表される独り言。コンビニお握りを選ぶ時に、一人真顔でブツブツ言ってる様には、思わず上司の八神コウも苦笑いです。

 そんな変わり者の青葉ちゃんですが、仕事、いや、それも含めた人生に対してはとても真っ直ぐで、働きながらも青春を謳歌しています。


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

 仕事の態度は真面目で、先輩の教えはしっかりメモ。尊敬するコウに対しては、その時々の関係性の変化の中で、ある時は尊敬の念を示したり、ある時は部下上司の枠を超えてアドバイスを送ったり、本当の意味で真面目な娘です。そもそもの事のはじまりが、八神コウがキャラクターをつくったゲームを青葉が小学生時代にプレイしたことなのです。そんなコウに対してはじめは「わあ、憧れの人だ」という態度で接するのですが、打ち解ける内に本当の仕事仲間というか、実直な青葉にしかできない関係づくりを行っていきます。青葉の可愛さだけでなく、その真っ直ぐさに惹かれる視聴者・読者は多いことでしょう。


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

 さらに、先輩の滝本ひふみには、なぜだか妙に可愛がられています。ある意味言葉も仕事への態度も真っ直ぐな青葉に対し、ひふみは引っ込み思案・ムッツリタイプで、ひふみにはない側面を青葉に投影して憧れているのかもしれません。

 コウやひふみに特に好かれている(もちろん、青葉みたいなのは誰にでも好かれるタイプですが)青葉は、ある意味では年上キラーと言えるでしょう。「若いって、いいな」と言われる若者を、地で行くタイプです。そう、まさに「妹にしたくなる」ような、可愛がられ上手と言えるでしょう。

萌え・かわいいポイントは3

  • 独特な独り言
  • 真面目で実直な人柄
  • 妹にしたくなる「可愛がられ」上手

涼風青葉の意外!?な側面


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

 そんな裏表のなさそうな青葉ですが、意外な側面も。ひふみいわく「小悪魔」的要素であるそれは、時折「小悪魔青葉」として顔を出します。本人には悪気がないのに、真っ直ぐすぎるがゆえにグサッと心に刺さるような、周りをドキリとさせる小悪魔な一面もあるのです。


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

 そして、仲間想いだということもここで語っておかなければならないでしょう。親友の桜ねねは、青葉の事が気になって「お騒がせ」的にアニメ1期に登場します。そのきっかけはやはり、青葉の実直さ・真面目さです。というのも、ねねと青葉が仲良くなったのは、青葉がねねをいじめっ子から庇ったことが大きなポイントだったからです。仕事で苦労していないだろうか、青葉のことが恩返し的に心配なのです。

涼風青葉は相手の立場からひとを思いやれる!


©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!製作委員会
©得能正太郎・芳文社/NEWGAME!!製作委員会

 青葉は、真っ直ぐでありながら、なおかつ空気を読んで、その空気を前向きに「ぶち壊せる」娘でもあります。アニメ1期終盤、仕事に悩むコウを、部下ながら励まし力を取り戻させたのはやはり青葉でしょう。これは人と真っ直ぐな関係性・信頼関係を築くことができて、なおかつ人思いな青葉にしかできないことかもしれません。

 NEWGAME!という作品の肝は、まさにここだと思います。つまり、青葉が成長し、それにつられて周りも成長していく。チームプレイを真面目にコツコツ描いた作品です。

心を重ね合わせて、明日もがんばるぞい!

 こういう人は多いと思うのですが、頑張る青葉に自分を重ねて、勇気をもらうのはとてもいいことだと思います。確かにドジっ子・運動音痴と欠点もあるのですが、ここまで真っ直ぐだとそれさえもかわいく感じられてきます。ある意味で、仕事に関しては致命的な欠点が見当たらない娘でもあります。青葉ちゃんみたいになりたい、そう思いながら日々頑張っていくのもいいでしょう。

あとひとつ、涼風青葉が部下だったらなあ・・・

 僕は現実では別に管理職でもなんでもないのですが、青葉ちゃんみたいな部下がいたらなあ、と憧れます。コウが羨ましくもあります。

・・・いかがだったでしょうか。キャラ紹介コーナー、一発目は涼風青葉でした。こんな青葉ちゃんが、2017年夏、テレビで拝めます!!!放送情報はこちら↓↓↓

TOKYO MX7月11日~毎週火曜日24:30
MBS7月11日~毎週火曜日26:30
テレビ愛知7月11日~毎週火曜日25:35
AT-X7月11日~毎週火曜日21:30
BS117月12日~毎週水曜日24:00
AbemaTV7月12日~毎週水曜日23:00

その他dアニメストアをはじめとした各動画配信サイトで見ることができます。青葉ちゃんを見て、この夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする