雑記ブログが雑多ブログに!?内容が雑多すぎるとSEO的に不利かも。

この記事は約2分6秒で読めます。
スポンサーリンク

書きたいこと。

最近、このブログの直帰率の高さと滞在時間の短さが今更ながらに気になっていました。

同じような悩みを抱えている人はいませんか?

これらが低いのは当然

  • 「すぐ帰る=直帰率が高い」
  • 「あまり読まれない=滞在時間が短い」

ということ。

間違いなく、googleからの評価も下がってしまいます。これをなんとかしたい。

このブログの直帰率は90%、滞在時間は30秒ほど。

なぜこんな状況なのか、自分なりに考え改善策を示してみました。

結論

内容がバラバラすぎる!

書いている内容がバラバラなため、もっと記事の内容を絞ったほうが、訪問者のニーズに答えられるのではないか、というのが結論。

もちろん、これはSEO的にも不利です。

直帰率・滞在時間という”悪い指標”が出てしまうのもそうですし、なにより専門性を失うことで、ユーザーのためにならないブログになってしまうからです・・・。ある意味、自己満足度が高すぎるのです。

どうしたらいいのか。

「ひきこもり」向け情報をもう少しプッシュしていきます。

だから、専門性を持たすという意味でも、ブログの軸をひとつ、もうけようと思います。

それはズバリ

「ひきこもり」

このブログの原点(だったはずのもの)です。

原点に立ち返って、ひきこもり当事者に役立ちそうな情報を、もう少し増やしたいと思います。

  • 「なんだよ、釣り情報見たいのに」
  • 「アニメの感想見れないならもういいや」

こんな声も聞こえてきそうですが、釣りもアニメも視点を変えれば活用できそうだと思っています。

釣りは「ひきこもり当事者でも行きやすい釣り場」を考えたりとか。

アニメもなにかひきこもりと絡める方法がありそうです。

まあ欲張らない程度に、ですけどね。

雑記ブログが「雑多ブログ」になってしまった。

どうしてこうなってしまったのかというと、僕の関心が分散しすぎて、雑記ブログが「雑多ブログ」に成り果てたからだと思うんですね。

当然、広告主にもそういう情報は、伝えられると思います。

別に「このブログは専門性ないよー」とかいちいち告げるわけではないと思います。

広告主側に「専門性のないブログに広告を掲示しない」というボタンかなにかあるんでしょう。そこを押しちゃえば、うちみたいなブログには広告が出なくなると。

そうなったら、収益性も落ちてしまいます。

自分が広告主だったら。

僕だって広告主だったら、広告を踏んでくれるような、広告とブログの内容が深くリンクしているブログの方が都合がいいです。

それを、うちみたいななんでもかんでも書かれたら。競合ブログはたくさんあるわけで、そっちに広告掲示を優先するでしょう。

軸をある程度絞って、訪問者に様々な解決情報をもたらすブログに

だから、元ひきこもりという”僕のペルソナ”を活かせるようなサイトに、時間をかけて作り変えていこうと、思います。

軸を絞ると記事が書きにくくなると思います。ですがそれ以上に、ひきこもりというワードに対して様々な視点から焦点を当てることが出来ます。

それによって、ひきこもり当事者をはじめ様々な方に、「多様なひきこもりでの困りごと解決情報」をもたらすことが出来るのではないかと思います。

以上、備忘録的に書いてみました。

似たような状況に置かれた方がもしいたら、参考にするための一例として見ていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする