釣りはウグイにはじまり、ウグイに終わる。

釣りを初めて2年目の夏、僕はまだひきこもりの最中でした。

外出して人が怖いと言っても、親に付き添われてなら、多少抵抗は低くなっていました。

この日、僕は母親とともに東北地方の母親の実家へ。近くの川で、ウグイ釣りをしました。

初めて釣ったのがウグイなら、はじめの20cmオーバーもウグイだった。

ウグイ、石斑魚、鯏。3つともウグイと読むそうです。鵜が食うからウグイと呼ばれているとの説もあり、鵜食いという書き方もあり?なのかな。

思えば、北海道に来てから最初に釣った魚もウグイです。なんだか、縁がありますね。

はじめて釣った20cmオーバーの魚も、ウグイでした。

釣ったのは母親の実家近くを流れる川。

ここで、バーチャル体験を”リアル”にしたいと思い立って、釣り道具を持参しました。

つまりは、川の虫を採取して、それをエサに魚を釣るということです。

釣りを始めるきっかけとなった「川のぬし釣り2」も、川でエサを採取するという攻略法がありました。

なので、それをリアルに体験したかったのです。

川に到着すると、釣り人は0。人は結構居ましたが、恐怖を押し殺して、好奇心に釣られて河原へ。

エサとなるカワムシは、水中の石ころの間にいます。なので石をめくってみる。

いました。画像真ん中の芋虫が、(おそらく、自信ないですが)トビケラの幼虫です。

はやる心をおさえて、慎重に針にトビケラを付けて、川に流します。

・・・

・・・

・・・

釣れない!

これではダメだと、今度は川底でチョロチョロ動き回っている、カゲロウの幼虫(画像なし)を捕まえて、再び川に流します。

即ヒット!

少しのファイトのあと、ご覧の通りのウグイが釣れました。

写真を撮って、川へ返しました。

ウグイは大きくなると結構引くのです。はじめての感触にドキドキした覚えがあります。

実家に帰り、叔母さんに写真を見せると、「そこの川にこんなのがいるなんて、知らなかった!」と驚いていました。一緒に喜んでくれたことで、やはり釣りを通してのポジティブな感覚を得ることができました。

はじめての1匹というのは、記憶に残る。

はじめての20cmオーバーの魚でしたが、今でも釣りをした時のことが鮮明に記憶に残っています。

釣り人にとって、たくさん釣った中の1匹よりも、はじめての1匹のほうが、当然ですが記憶に残るのです。

おそらく数十年後もまた。

ウグイさんが、相手をしてくれることを願っています。

年取って、ウグイ釣って「何やってんの」と言われそうですが、ただ魚を釣っているだけではなく、思い出を関連付けている、そんな釣りになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク